池江璃花子オリンピック

東京オリンピックの代表選考を兼ねた競泳の日本選手権第2日

2021年4月4日池江璃花子選手のオリンピック出場が決定しました!

 

会場は五輪会場の東京アクアティクスセンター。

記録は女子100メートルバタフライ決勝で57秒77。

池江璃花子選手の優勝は3年ぶりです。

400メートルメドレーリレーの派遣標準記録(57秒92)も突破し、リレーメンバーとしての東京五輪出場決定!

この記事では

  • オリンピック出場決定のインタビュー記事
  • 競泳五輪代表選考基準とは?
  • 白血病発覚発表からのインスタ画像

をお伝えしていきます。



オリンピック出場決定のインタビュー記事

こちらがそのニュースのTwitterです。

このインタビューを聞いていたら私も胸が熱くなり、涙がわいてきました。

どんな復活劇よりも感動します。

たくさん練習したい気持ちを抑えて、身体の調子をみながら努力されてきたのがにじみ出てます。

池江璃花子選手!「感動をありがとう!勇気をありがとう」

競泳五輪代表選考基準とは?

競泳五輪代表選考基準とはなんでしょうか?それはこちらをごらんください。

個人種目は決勝で2位以内に入り、かつ日本水泳連盟が事前に設定した派遣標準記録を突破した選手を代表とする。男女の100メートル、200メートル自由形では、個人で派遣標準を切れなくても、4位までのタイム合計が400メートル、800メートルリレーの派遣標準を切れば4人全員が代表入り。4位までの合計タイムで切れない場合は1人平均の派遣標準を突破した選手を選出する。

池江璃花子選手は400メートルメドレーリレーの派遣標準記録(57秒92)も突破し、リレーメンバーとしての東京五輪出場決定したのです。

池江璃花子選手|白血病発覚からのインスタ画像

池江璃花子選手の白血病の発覚発表は2019年2月8日です。

こちらは池江璃花子選手の白血病から退院した2019年12月7日のメッセージのインスタ。

目標を2024年パリオリンピック出場に目標を変えて、前抜きに頑張る姿勢を表しています。

この投稿をInstagramで見る

Rikako Ikee(@ikee.rikako)がシェアした投稿

闘病生活・抗がん剤治療は相当辛かったことがわかります。

不安な気持ちを抑えて前向きな文章に多くの人が励まされました。

こちらは練習を再開した2020年2月8日のインスタ

この投稿をInstagramで見る

Rikako Ikee(@ikee.rikako)がシェアした投稿

アスリートとして毎日トレーニングを重ねて自分の身体を作り上げてきた池江璃花子選手は、筋力の低下を感じているようです。

 

こちらは406日ぶりにプールに入った2020年3月17日の報告インスタ

この投稿をInstagramで見る

Rikako Ikee(@ikee.rikako)がシェアした投稿

406日ぶりのプールではじける笑顔の池江璃花子選手です。

抗がん剤の治療で頭髪が抜けてウイッグをつけていましたが、短い姿を公にしたインスタは勇気づけられます。

この投稿をInstagramで見る

Rikako Ikee(@ikee.rikako)がシェアした投稿

2021年2月7日ジャパンオープンで学生新記録の達成あたりから、もしかしてオリンピック出場できるのではないかと思われました。

この投稿をInstagramで見る

Rikako Ikee(@ikee.rikako)がシェアした投稿

まとめ

この記事では

  • オリンピック出場決定のインタビュー記事
  • 競泳五輪代表選考基準とは?
  • 白血病発覚発表からの歩み

をお伝えしていきました。

池江璃花子選手のオリンピック出場決定は、白血病発覚から786日にみごとにつかんだ勝利です。

代表決定のインタビューの「努力は報われる」との言葉は池江璃花子選手だからこそ重みがあります。

池江璃花子選手は東京五輪は通過点、目標を2024年パリ・オリンピック出場といわれていました。

東京オリンピック・2024年のパリ・オリンピック、どちらも大活躍されることと思います。

いよいよ東京オリンピックが迫ってきました。

開催が楽しみです。


最後まで読んで頂いてありがとうございました。
 
他にも今話題になってるニュースに関して紹介してますので、気になる記事がありましたらご覧ください。
↓ ↓ ↓



もし記事がお役に立ちましたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けると嬉しいです!
↓ ↓ ↓