ドラマ『踊る大捜査線』はなぜ再放送しない?理由を徹底調査!

後に幾度に渡り映画化された人気ドラマ「踊る大捜査線」。人気作品にもかかわらず、再放送しないと言われているようです。

今回は踊る大捜査線が再放送されない理由について調査しました。

「踊る大捜査線」とは

まずは「踊る大捜査線」について紹介します。ドラマ踊る大捜査線は1997年にフジテレビ系列火曜9時枠で放送された刑事ドラマです。脚本は「ずっとあなたが好きだった」などで知られる君塚良一さん、主人公の青島俊作を演じたのは織田裕二さんです。ドラマの平均視聴率は18.2%、最終話の視聴率が23.1%を記録するとその後スペシャルドラマや番外編ドラマを経て劇場版が公開し、そちらが大ヒットに。2012年に劇場版第4作となる「THE FINAL 新たなる希望」が公開され、シリーズ15年の歴史に幕を閉じています。

踊る大捜査線 再放送しない理由は?

4度にわたる劇場版公開に度重なるスペシャルドラマの放送、スピンオフ作品も多数存在する超人気作の踊る大捜査線。にもかかわらず「再放送されない」と言われている理由はどこにあるのでしょうか。再放送されない理由となると、出演していたキャストが後に不祥事を起こしてしまった場合などが挙げられます。ですが、連ドラ時代の主な出演者は織田裕二さんの他に柳葉敏郎さん、深津絵里さん、ユースケ・サンタマリアさん、水野美紀さん、いかりや長介さんと、特に再放送のネックになりそうな人物は見当たりません。

過去には何度も再放送されていた

そもそも踊る大捜査線は、過去に一度も再放送されたことがなかったというわけではなく、寧ろ何度も再放送は行われています。というのも、シリーズが続く中で「スペシャルドラマや劇場版の公開と連動した再放送」が数度に渡って行われていたのですね。地上波での再放送が最後に行われたのは2013年だった、という情報もありました。ドラマ版踊る大捜査線が再放送されないと言われている理由は、近年の再放送が行われていないからなんですね。

シリーズが完結しているため再放送する理由がない

2013年となると、劇場版FINALが公開され踊る大捜査線が完結した後のことです。以降は新作と連動した再放送というのも当然行われなくなります。再放送の実績はあるために、現在もドラマ踊る大捜査線が再放送できない作品というわけではないのでしょうが、積極的に再放送する理由はないのですね。

ドラマよりも映画の方が優先される?

そもそも1997年のドラマというのは、今地上波で放送するには少し古すぎるのかもしれません。ドラマ踊る大捜査線も当然名作ではあるのですが、「踊る大捜査線シリーズ」の中では寧ろその後の劇場版の方が人気は高く、どうせ再放送するなら劇場版を流す方が色々と都合が良く、そちらが優先されるという事情もあるのかもしれませんね。同シリーズの名言「レインボーブリッジ封鎖できません!」も劇場版第二作でのセリフですよ。

踊る大捜査線、続編制作が決定!?

さて、2023年12月に踊る大捜査線の新作が制作されるという驚きの報道がありました。完結作となる「FINAL」が公開されてから10年以上経っての続編報道、なんでもそれ以前から制作の動きはあったものの、青島俊作のイメージが付きすぎることを嫌った織田裕二さんが難色を示していたそうなのですが、この度遂に出演を快諾したとのことなのです。2024年2月にクランクインする予定と報じられており、これが実現すればファン待望の新作になりますね。新作公開の際には、連ドラ版の久々の再放送もあるかもしれませんよ。

『踊る大捜査線』続編、2月にクランクインか 難色示していた織田裕二は出演快諾、不仲説があった柳葉敏郎も共演へ|NEWSポストセブン (news-postseven.com)

最後に

今回はドラマ「踊る大捜査線」が再放送されない理由について調査しました。

新作の制作、本当なのでしょうか。もし本当であれば嬉しいですが、後から見ると4作目のタイトルの「FINAL」の文字が少し浮いて見えてしまいますね。