主演は「のん」個性豊かな俳優陣が脇を固める注目映画『さかなのこ』

日本中の誰もが知る“さかなクン”の半生をユーモアたっぷりに描く、映画『さかなのこ』。原作は、さかなクン初の自叙伝『さかなクンの一魚一会〜まいにち夢中な人生!〜』です。この自叙伝を劇作家や映画監督でもある前田司郎さんが、フィクションも織り交ぜながら、沖田修一監督と共に大胆にアレンジし、魚好きの天真爛漫な主人公がたくさんの出会いの中で成長していく様子を描いています。




さかなクンについて

ハコフグのぬいぐるみ帽子を被ったタレントとして有名な「さかなクン」。魚の知識を楽しく教えてくれるさかなクンは幅広い層に人気があり、絵の才能を活かしてイラストレーターとしても活躍しています。細部への凄まじいこだわりで、魚を正確に再現されていますよね。また、東京海洋大学客員教授の一面もあり、一般向けの講演では自作の魚のイラストで解説を用いるなど工夫をされています。

ネットでは、「さかなクン 結婚しているのか?」と話題になり、「結婚して子供もいる」と一部のメディアで書かれたことがありますが、ただの噂に過ぎなかったようです。

自叙伝『さかなクンの一魚一会〜まいにち夢中な人生!〜』

映画『さかなのこ』の原作となった『さかなクンの一魚一会〜まいにち夢中な人生!〜』は、大好きなことを見つけて、夢中になることの強さ、尊さ、輝きが詰まった、さかなクン初の自叙伝です。時に挫折を味わいながらも、幼いころから大好きだった絵と魚の力で未来を切り開いていく、さかなクン。自らの生い立ちから、学生時代、そして現在まで魚や生き物たちとの出会い、友人たちとの出会いがたっぷり語られています。

『さかなのこ』あらすじ

小学生のミー坊は、。寝ても覚めても魚のことばかりのお魚大好きな小学生。魚を見つめて、描いて、食べて、毎日を過ごします。父親が他の子どもと少し違うことを心配する一方で、そんなミー坊を温かく見守り背中を押し続ける母親。高校生になり、相変わらず魚に夢中のミー坊は、町の不良ともなぜか仲良し。まるで何かの主人公のように、いつの間にか中心にいます。やがて一人暮らしを始めるミー坊は、思いがけない出会いや再会の中でたくさんの人に愛されながら、ミー坊だけが進むことのできるただ一つの道に真っ直ぐ飛び込んでいきます!

『さかなのこ』キャストには豪華俳優陣が大集結!

不思議な魅力にあふれたミー坊を、性別の垣根を越えて体現するのは女優の「のん」さん。ミー坊を信じてその個性を応援し続ける母には井川遥さん、幼馴染のヒヨを演じる柳楽優弥さん、映画オリジナルのキャラクター・モモコを演じる夏帆さんなど、実力派の俳優が脇を固めます。そして、原作者でもあるさかなクンが映画初出演を果たしていることにも注目です!

ミー坊(のん)

子供のように天真爛漫で、好きなことに一直線。周囲の人間をいつの間にか幸せにする不思議な魅力に溢れている主人公。

ヒヨ(柳楽優弥)

“狂犬”の異名を持つ強面の不良でありながら、いつもミー坊のことを気にかける心優しい幼馴染。

モモコ(夏帆)

幼馴染のミー坊とひょんなことから再会し、同じ屋根の下で暮らすことになるシングルマザー。

総長(磯村勇人)

ツッパリ頭が特長の総長。ある出来事からミー坊との「おさかな好き」という意外な共通点によって、絆を深めることに。ミー坊の純粋さを前にヤンキーとしてのペースを乱し、悪ぶることができなくなってしまうなど、実は優しい一面も。

籾山(岡山天音)

ミー坊との出会いによって、魚の魅力に目覚める不良。通称“カミソリ籾”。

ギョギョおじさん(さかなクン)

ミー坊のモデルになったさかなクンが、魚大好きな謎の人物として映画初出演。ミー坊の将来を決定づけ、後々大事件を起こしてしまう重要な役を演じます。

鈴木先生(鈴木拓)

ミー坊を温かく支え、魚博士への道を大きく開くきっかけを作ることになる先生。さかなクンの中学・高校の同級生であり、親友であるドランクドラゴンの鈴木拓が、さかなクンと鈴木拓自身の恩師を演じます。

最後に

ご自身の書籍の映画化と「ギョギョおじさん」としての出演について、さかなクンは驚きつつも、「人とお魚の優しさが詰まった映画でギョざいます。」「さかなのこの気持ちになってレッツ・ギョー!」とコメントを残し、喜びを表しています。

映画になる喜びと、お魚への愛情がたっぷり詰まった映画『さかなのこ』は、2022年9月1日(木)より全国公開です!是非、映画館で鑑賞してみてくださいね。


最後まで読んで頂いてありがとうございました。
 
他にも今話題になってるニュースに関して紹介してますので、気になる記事がありましたらご覧ください。
↓ ↓ ↓



もし記事がお役に立ちましたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けると嬉しいです!
↓ ↓ ↓