玉置恭一の経歴と本業(勤め先)は!開錠の費用や年収はいくら?

所ジョージの番組『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』などに『開かずの金庫』を開けるプロの人が出て来ます。

玉置恭一さんという方もそのお一人なのですが、どんなご経歴なのか?

本業は何をされているのでしょうか?

開かずの金庫を持っておられる家は、基本的に資産家のご家系だと思いますが、1件開けると どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

詳しく調べてみました!




玉置恭一はジャパンベストレスキューシステムに勤務している

↑ 玉置さんってこんな方ですね!

さっそく、玉置恭一さんの経歴をまとめてみました。

< 玉置恭一さん >

出身地 大阪市
生年月日 1977年7月30日 44歳
血液型  O型
学歴 大阪市立桜宮高校卒
勤務先 ジャパンベストレスキューシステム
本名 玉置恭一
好きなこと お酒を飲む

鍵の保全・開場などという、ちょっと地味でオタクなジャンルを専門とされているのですが、スッキリしたルックスの方でテレビ受けする感じですね♪

諸説ありますが、22歳で鍵職人となり、ジャパンロックレスキューサービス専務取締役、ミライアン代表取締役を経まして、現在はジャパンベストレスキューシステムに所属されています。

アルコールはかなりのもののようでして、ネット情報によりますと『1年で100日は二日酔いしている』とおっしゃっているとか!

玉置恭一の本業を詳しく調べてみた!

そして、仕事先ですが『ジャパンベストレスキューシステム株式会社(略称 JBR)』ということです。

JBRは、本社が名古屋にあるれっきとした東証一部上場会社となります。

ジャパンベストレスキューシステムのホームページ 

< ジャパンベストレスキューシステムの所在地は >

社名 ジャパンベストレスキューシステム株式会社
本社 名古屋市中区錦1-10-20 アーバンネット伏見ビル5F
従業員数 224名(2020年9月30日現在)
上場市場 東証一部 (証券コード:2453)
資本金 7億8,036万円 (2020年9月30日現在)

ジャパンベストレスキューシステムは、鍵のトラブルだけを扱う会社ではありません。
鍵だけでなく、水まわり、ガラス、パソコンのトラブルサービスなど様々な困りごとに対応する会社ですね。

玉置恭一さんですが、ご自身で設立された、株式会社ミライアン代表取締役(ミライアンはJBRの関連会社ということのようです)も務められながら、ジャパンベストレスキューシステムでは『カギチームマネージャー』に任命されています。

(ミライアンは鍵・ガラスの緊急出張サービスやメンテナンスを主として行っている会社です)

ミライアンのフェイスブック

ということで、かなり重役職にありながら、実戦経験も豊富でらっしゃって、テレビにも出演され、難解な金庫錠を次々と開錠されています。

玉置恭一の開錠費用と年収は?

↓玉置さんのインスタグラムより!

この投稿をInstagramで見る

 

玉置恭一(@japalocktamaki)がシェアした投稿

玉置さんの開錠費用ですが、JBRのホームページには

金庫の開錠が8000円、特殊作業は18000円

と書かれています。

ですが、かなり年代物の金庫の会場となりますと、これは特殊作業の上になにかプレミア料金があるような気がしますよね。

玉置さんの年収なども気になります。

↓『ジャパンベストレスキューシステム 平均年収』でGoogle 検索しますと、2020年度は464万円と表示されます。

しかし、玉置さんはミライアンの代表取締役を務めておられますので、加えてその役員報酬もあると思います。

それ以外に、テレビ出演となればギャラもあるでしょうし、テレビ出演の直後はJBRの株価が上昇するということで広告塔の役割も果たしておられるため、各種のプレミアムもありそうです。

年収は、1千万円はゆうに下らないのではないかと思います。

玉置恭一の経歴と本業(勤め先)のまとめ

イケメンな雰囲気で、苦悩しつつも難解な錠前を開錠していく玉置さんのようすは、ある種の感動をも呼び覚まします。

40代にして、キャリア20年超の実績を誇り、かなりアルコールもお好きな方のようです。

ご自身で、株式会社ミライアンの代表取締役を務めつつ、ジャパンベストレスキューシステムでも、『カギチームマネージャー』に任命されています。

次回はいつ、テレビ画面でお会いできるかとても楽しみです。


最後まで読んで頂いてありがとうございました。
 
他にも今話題になってるニュースに関して紹介してますので、気になる記事がありましたらご覧ください。
↓ ↓ ↓



もし記事がお役に立ちましたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けると嬉しいです!
↓ ↓ ↓