京急油壷マリンパークの閉館はなぜ?閉館の理由や時期と魚やどうぶつの今後を調査!

「京急油壷マリンパーク」閉館のおしらせ!?

神奈川県民にとって「癒やし空間であり心の置所」であり、県民の過半数が幼少期に遠足などで訪れたことがある超有名水族館の「京急油壷マリンパーク」が閉館!閉館?ホントに???シンジラレナイ

おどろきのニュースが飛び込んで来ました!




京急油壷マリンパークの閉館はなぜ?理由を調べてみた

京急油壷マリンパークはなぜ閉園を迎えることになったのでしょうか?

開業から53年経過しているとのことですが、建物や設備の老朽化が著しく、維持管理が困難であるとの判断があったそうです。

引用元:KEIKYU/京急電鉄公式ページ

https://www.keikyu.co.jp/report/2021/post_272.html

京急油壷マリンパークの閉館の時期

閉館の時期は 2021年9月30日(木)が最終日になります。

⇩KEIKYU/京急電鉄公式ページはコチラ⇩

https://www.keikyu.co.jp/report/2021/post_272.html

京急油壷マリンパークの魚やどうぶつの今後は?

飼育中の動物類については、他の施設と受け入れに関する協議を進める一方で、閉館後も飼育・管理に必要な要因・体制を維持し、全ての動物類の移譲が完了するまで責任を持って対応するとのことです。

引用元:KEIKYU/京急電鉄公式ページ

https://www.keikyu.co.jp/report/2021/post_272.html

京急油壷マリンパークの所在地

所在地
神奈川県三浦市三崎町小網代1082
運営者
株式会社京急油壺マリンパーク
施設所有者
京浜急行電鉄株式会社
開業 1968年(昭和43)年4月

⇩京急油壷マリンパークの公式ホームページはコチラ⇩

http://www.aburatsubo.co.jp/information/

京急油壷マリンパーク閉館まとめ・・・

「京急油壺マリンパーク」が開業したのは、1968年4月。53年間という長い年月を愛され続けた「京急油壷マリンパーク」が閉園とニュースが飛び込んできて驚きを隠せない神奈川県民も多いかと思います。

建物や設備の老朽化が著しく、維持管理が困難であるとの判断があったそうですが、やはり多くの施設閉鎖・閉館の原因のコロナウイルス感染症に伴う外出自粛も要因のひとつとして考えられると思われます。

閉館は2021年9月30日(木)になります。

数多くの動物たちが閉園後は他の施設引き取られるとのことで、完了まできになりますね。

水族館前に展示されている「ムカシオオホホシロザメ」の実寸台標本です!

出典:Wikipediaより

個人的には水族館入り口の大きなサメの歯と顎の骨(サメの口に入って撮影が出来ます)やメガマウスの標本やサメにタッチなどサメ関係が多く楽しかったのを思い出します!

京急油壷マリンパークは・・・

開業から53年間、地域の皆さまをはじめ、たくさんのお客さまにご愛顧いただきましたことに、厚く御礼申し上げます。

と感謝のコメントを残しています。

閉館の2021年9月30日(木)までは、まだまだ時間がありますので現在の状況が落ち着きましたら昭和レトロの「京急油壷マリンパーク」に訪れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

https://itemcube.jp/kaw/tateyamafamilyparkheien/


最後まで読んで頂いてありがとうございました。
 
他にも今話題になってるニュースに関して紹介してますので、気になる記事がありましたらご覧ください。
↓ ↓ ↓



もし記事がお役に立ちましたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けると嬉しいです!
↓ ↓ ↓