草野華余子の高校はどこ?関西大学出身て本当なの?学歴や経歴を調査!

草野華余子(くさの かよこ)さんをご存知でしょうか?

あのLiSAさんの「紅蓮華」の作曲を手掛けた方だといえば、多くの人が興味を引かれることでしょう。

多くのアーティストに楽曲を提供しており、特に作曲家としての活躍が目立っています。

また草野華余子さんご自身もシンガーソングライターとして歌う話題の人です。

ホント綺麗な人ですね~~~(*^^*)

この投稿をInstagramで見る

草野華余子(@kayoko_ssw)がシェアした投稿

ここではそんな草野華余子さんの学歴や経歴などを紹介します。

この記事では、

  • 草野華余子の高校はどこ?
  • 草野華余子は関西大学出身て本当なの?学歴を調査!
  • 草野華余子の経歴を調査!

についてお届けします。



草野華余子の高校はどこ?

草野華余子さんは最近、幼稚園から高校まで帝塚山学院に通っていたと公言しています。

よって出身高校は帝塚山学院高等学校です。

小室哲哉の女性版のような・・・おしゃれでカッコイイ♥♥♥

この投稿をInstagramで見る

草野華余子(@kayoko_ssw)がシェアした投稿

 

Twitterでの発言によると、草野華余子さんは音楽コースに所属していたようです。

 

草野華余子さんは帝塚山の生徒について以下のように発言しています。

向上心が強く自信家の生徒が多かったということでしょうか。

そのような環境で草野華余子さんも切磋琢磨していきました。

 

草野華余子さんは高校では美術部に所属していたようです。

音楽だけではなく絵も上手いというのは、創作活動において多岐に渡って才能があったんですね。

 

草野華余子さんは高校では真面目な生徒だったようです。

 

また、草野華余子さんは中学か高校でいじめを受けていたらしいことを公言しています。

 

――甘え下手ですか。

中学、高校ぐらいでいじめられてたからですかね、けっこう人の顔色伺ったりとか。

引用:SPICE

 

関西大学公式サイトに寄せているコメントによると、アニメオタクであったことが理由で仲間外れにされていたそうです。

コミュニケーションにはやや苦労されていたようですが、現役で関西大学に合格するほどですから、勉強はできるほうだったようです。

草野華余子は関西大学出身て本当なの?学歴を調査!

草野華余子さんは2006年に関西大学社会学部を卒業しています。

大学では軽音楽部に所属していました。

最初はキーボードなどを担当していました。

しかし、向いていないと感じて辞めたんだそうです。

 

――そして成長してバンド活動を始められますが、バンドではパートは?

最初はキーボードもやったりしてたんですけど、大学進学して初めてやったのは、グリーン・デイとか、BRAHMANのベースボーカルのコピーですね。でも向いてないわと思って。ベースライン弾きながら歌うのムズイ、ってなって辞めました(笑)。

引用:SPICE:https://spice.eplus.jp/featured/0000052061/articles

 

そのあとはギターボーカルを担当し、さまざまな曲のカバーをしていました。

この頃が一番、音楽を楽しめた時期だったのではないでしょうか。

 

その後はギターボーカルで。時期的にアヴリル・ラヴィーンだったり、椎名林檎さんだったり。岡北有由さん、天野月子さん、矢野まきさん。アラニス・モリセット、シェリル・クロウ、海外も日本も関係なく、いろいろコピーバンドを4年間してました。

引用:SPICE:https://spice.eplus.jp/featured/0000052061/articles

大学ではあまり学業のほうは力を入れていなかったようで、単位が足りなくて留年しそうになったこともあったようです。

それだけ音楽活動を熱心に行っていたのではないでしょうか。

 

軽音楽部に所属していたとき、先輩の今西勇仁さんと景山将太さんが特に草野華余子さんの作る曲を評価していました。

もうこの頃から音楽の才能を認められていたんですね・・・すごい!!
草野華余子さんの先輩の今西勇仁さんです。

草野華余子さんのもうひとりの先輩の、景山将太さんです。

草野華余子さんは大学卒業後はマスコミ関係に就職したい希望をもっていたそうですが、先輩たちに楽曲をほめられ、「絶対どこかに出したほうがいい」と言われていました。

そういう過程で、草野華余子さんは就職活動を止めて、音楽で生計を立てていくことに決めたようです。

草野華余子さんは大学卒業後にプロのミュージシャンとして本格的に音楽活動に専念し、「カヨコ」の名義で活動を開始しました。

草野華余子の経歴を調査!

草野華余子さんの出身は大阪府です。

1984年2月25日生まれで、3歳の頃からピアノや声楽を学んできたという音楽のエリートです。

作曲は5歳くらいから行っていたそうです。

当時は妹がそれを聴いて喜ぶので、妹のためだけに作曲していたと語っています。

草野華余子さんは中学生のときに出会ったバンドミュージックに大きな影響を受け、いつかバンド活動をしたいと夢見るようになります。

そして関西大学進学と同時にバンド活動を始めます。

バンド活動は大学在学中続き、卒業とほぼ同時に解散となりました。

 

草野華余子さんの経歴は、まず大学卒業後の2007年頃に「カヨコ」と名乗って音楽活動を始めました。

カヨコ名義で6枚のシングルと、3枚のアルバムをリリースしています。

現在にいたるまでには苦労もあったようで、音楽を辞めようと思うこともあったといいます。

2012年のときに無理のしすぎで体調を崩して入院し、声帯ポリープを患ってしまい、声が出なくなってしまいました。

このときは、もう潮時だと思い、音楽機材を売却する用意までしていたそうです。

草野華余子さんの才能を惜しんだ仲間たちが引き止め、あと1曲だけ作ってみようと思って作ったのが、LiSAさんに提供した「DOCTOR」でした。

この縁がまさに運命の出会いとなり、現在の草野華余子さんの活躍につながりました。

2019年の誕生日には本名の草野華余子で活動を再スタートすることになります。

この投稿をInstagramで見る

草野華余子(@kayoko_ssw)がシェアした投稿

 

近年は作曲家としての活動が特に目立っており、2020年のBillboard JAPAN作曲家チャートで年間7位という結果を出しています。

特にアニメソングやキャラクターソングを数多く手がけています。

草野華余子さん自身もアニメが大好きで、同人誌活動をするほどのオタクだと公言しています。

まとめ

  • 草野華余子の高校はどこ?
  • 草野華余子は関西大学出身て本当なの?学歴を調査!
  • 草野華余子の経歴を調査!

 

についてお届けしました。

草野華余子さんの楽曲は、特に力強さに特徴があります。

アニメに楽曲提供が多いのは、その点が評価されているのかもしれません。

パワフルで元気が出る歌を数多くリリースしている草野華余子さん。

彼女のますますの活躍に期待しましょう。


最後まで読んで頂いてありがとうございました。
 
他にも今話題になってるニュースに関して紹介してますので、気になる記事がありましたらご覧ください。
↓ ↓ ↓



もし記事がお役に立ちましたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けると嬉しいです!
↓ ↓ ↓