木下晴香 ミュージカル女優

ディズニー不朽の名作「アラジン」。

2019年に実写版が公開され、ランプの魔人ジーニーをあのウィル・スミスが演じたことでも話題になりましたね。

そして2021年5月21日・金曜ロードショーにてノーカット版が地上波初放送され、公開から2年が経過した今、再び実写版「アラジン」に注目が集まっています。

海外映画を観るうえで、映画そのもののストーリー等はもちろん、吹き替えを担当した人物も注目されますよね。

実写版「アラジン」では、ジーニー役を大御所声優の山寺宏一さん、主人公のアラジン役を俳優の中村倫也さんが担当されています。

山寺さんはアニメーション版でもジーニーの声を担当されていたため、この配役には多くのディズニーファンが喜んだみたいです。

ところで、ヒロインであるジャスミンの吹き替えは、誰??

透明感のある声で、優しい女性と王女としての風格を見事に表現し、加えて主題歌や劇中歌もプロの歌手さながらに歌い上げています。

公開当時は、山寺さんや中村さんに比べると彼女の知名度はそこまで高くありませんでした。

ただ、その卓越した演技力と歌唱力でその存在感を一気に世に知らしめました。

この映画をきっかけに彼女を知ったという方も多いようです。

今回はそんな彼女のことについて色々と調べてみました。

ジャスミン役の吹き替えへの口コミや感想、プロフィールや経歴などについて詳しくご紹介していきます。

【写真】アラジン実写ジャスミン役の女優は結婚している?彼氏は?本名や経歴、出身についても調査!




ジャスミン役の声優

実写版「アラジン」のヒロイン・ジャスミンの吹き替えを担当したのは木下晴香(きのした はるか)さん。

木下晴香はこちらの方です!

ミュージカルや舞台で活躍している女優さんです。

写真を見て分かる通り、抜群のスタイルと美貌の持ち主なんです!

そして、ルックスだけでなく演技力にも定評があるんですよ。

2017年に公開された、ミュージカル「ロミオとジュリエット」ではヒロインのジュリエット役に選抜。

2019年公開の「銀河鉄道999 さよならメーテル〜僕の永遠」ではメーテル役で出演されるなど、数々のミュージカルでの大役をオーディションで勝ち取っています。

今回の実写版「アラジン」のジャスミン役も、オーディションで勝ち取ったみたいですよ。

吹き替えは初挑戦にも関わらず、数々の実力派が集まったというオーディションを突破し、ジャスミン役に抜選されたそうです。

木下さんは、もともとディズニーが好きで、中でも『アラジン』が特に大好きだったのだとか。

「ジャスミン役のオーディションがあると知ったときは、自ら受けたいと申し出た」とインタビューでも語られています。

ジャスミン役に選ばれたと聞いたときは、泣いて喜んだそうですよ。

アラジンが好きという気持ちはもちろん、きっとミュージカルで演技力や歌唱力を磨いてきた成果なんでしょうね!

プロの声優が務めてもおかしくないタイトルにも関わらず、吹き替え未経験で選抜されるなんて、ほんとうにすごすぎます!

ジャスミン役の吹き替えへの評価は?

実写版「アラジン」ジャスミン役の吹き替えを担当した木下さんへの評価は、とても好評のようです!

いくつかTwitterをご紹介いたします。

演技も歌もとても上手いというコメントがほとんどでした。

木下晴香さんの吹き替えだけでなく、アラジン役の中村倫也さんの吹き替えも好評で、映画全体の評価も高いようです!

ジャスミン役の吹き替え女優プロフィール

木下晴香さんのプロフィール写真です!

  • 名前:木下 晴香
  • 本名:木下 晴香
  • 生年月日:1999年2月5日
  • 年齢:年齢:22歳 (2021年09月26日現在)
  • 身長:168cm
  • 意外に背が高い!
  • 職業:女優、歌手
  • ジャンル:ミュージカル
  • 趣味: 歌、舞台鑑賞、ランニング、温泉巡り
  • 特技:ダンス
  • 血液型:O型
  • 出身地:佐賀県鳥栖市
  • 出身高校:佐賀県立鳥栖高等学校
  • 所属:トライストーン・エンターテインメント
  • 主な代表作:「ロミオとジュリエット」ジュリエット役、「アナスタシア」アナスタシア役など

木下晴香さんがミュージカル女優の道に進んだのは、高校生の頃に観たミュージカル「レディ・ベス」がきっかけみたいです。

元々、木下晴香さんは地元のキッズミュージカル団に小学生の頃から所属していました。

定期的にクラス替えが行われ「いいクラスに入りたい!」と必死に課題をこなしていたそうです。

本人いわく「できないことがあると、逆にやる気が出る」とのこと。

どうやら、子供の頃から負けず嫌いな性格だったようですね!

小学3年生から6年間、その団体で歌とダンスのレッスンを受け続けていたそうです。

中学3年生になると、全国ツアーのあるミュージカルのオーディションを受けるようになります。

しかし、ミュージカルは好きでもミュージカルを仕事にするつもりはなかったそうです。

ところが、高校に進学して間もない頃、福岡県の博多座で鑑賞したミュージカル「レディ・ベス」がその考えを一変させます。

「レディ・ベス」は、エリザベス一世の生涯をモチーフにした作品。

次々と襲いかかる逆境に、きぜんと立ち向かっていくベスの姿を観て、感化されたのだとか。

過去のインタビューでは、「この作品に運命的なものを感じ、出会ってしまった。と、恋に落ちたばかりの女の子みたいになった」と語っています。

そして、「レディ・ベス」を観てからは、ミュージカルの道に進みたいと考えるようになったそうです。

「レディ・ベス」を観たことは、木下晴香さんにとってまさに運命の出会いだったのですね。

数々のミュージカルで大役を担ってきた木下晴香さんは歌唱力がすごいです!

演技力はもちろん、その歌唱力にも定評があるんですよ。

「ミュージカル女優になりたい」と決めた高校1年生の頃、日本テレビ「全日本歌唱力選手権 歌唱王」に出演。

本人は「実力試しだ!」と思い応募したそうです。

そして見事、決勝へと進出。

優勝は逃しましたが、この番組への出演がきっかけで、現事務所にスカウトされます。

放送当時は、「ルックスも可愛いくて、歌も上手い!」と視聴者の間でも話題になりましたね。

そして、その持ち前の歌唱力を活かして、実写版「アラジン」の日本語版主題歌「ホール・ニューワールド」をアラジン役の吹き替えを務めた中村倫也さんと共に歌われています。

2019年の紅白歌合戦にも中村さんと共に出場され、話題を呼びましたね。

お二人が「ホール・ニューワールド」を歌われている様子はこちらのYoutubeで見ることができます。

透明感と伸びのある木下晴香さんの声、素敵ですよね!

耳にスッと入ってきて、とても心地よいの声。

さすがはミュージカル女優です。

あと、中村さんの歌唱力の高さにも驚きますよね・・・・。

優しい声とミュージカル女優に負けず劣らずの力強い歌唱力。

アラジン役に選ばれるのも無理ないですね。

ちなみに、実写版「アラジン」に登場した新曲「スピーチレス~心の声」の日本版も木下晴香さんが歌われています。

新曲「スピーチレス~心の声」日本版のYoutube

とっても良い歌ですね!

ジャスミン役の吹き替え女優まとめ

実写版「アラジン」ジャスミン役の吹き替えを務めたのは、ミュージカル女優の木下晴香さん。

吹き替え声優はオーディションで選抜され、吹き替え未経験にも関わらず、幼少の頃から磨き続けた演技力や歌唱力が光り、自身が大好きだったという「アラジン」のジャスミン役を勝ち取りました。

劇中でも、磨き上げたその才をとことん発揮し、演技力と歌唱力ともに評価は絶賛の嵐。

ミュージカルでも「ロミオとジュリエット」ジュリエット役や、「アナスタシア」のアーニャ役など、数々のヒロイン役を務め、知名度をどんどん上げ続けています。

ルックス、演技力、歌唱力どれを取ってもピカイチの木下晴香さんですから、これからもますます活躍の場を広げていくことでしょう。

木下晴香さん主演のミュージカル映画なども観てみたいですね!

これからのますますのご活躍がとても楽しみです!


最後まで読んで頂いてありがとうございました。
 
他にも今話題になってるニュースに関して紹介してますので、気になる記事がありましたらご覧ください。
↓ ↓ ↓



もし記事がお役に立ちましたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けると嬉しいです!
↓ ↓ ↓