MMAとは?ルールや歴史、階級を解説!日本人の有名選手は誰?

MMA とは、圧倒的な多様性とスリリングな対戦が魅力の競技です。この記事では、MMAがどのようなスポーツであるか、そのルールや歴史、階級について詳しく解説していきます。また、日本から輩出された数々の著名なMMA選手にも焦点を当て、彼らの偉業や戦績に迫ります。MMAの興奮と多彩な魅力について、一緒に探っていきましょう!

MMA とは?

MMA とは「Mixed Martial Arts」の略で、総合格闘技のことを指します。その名にふさわしい通り、MMAは「打撃技」だけでなく、「投げ技」や「絞め技」「関節技」といった幅広い技術が駆使される自由度の高い格闘技で、様々な格闘技の技術やスタイルが合わさり、選手たちは相手と対戦しながら自身の強さを証明します。MMAは非常にダイナミックで多様な要素を含んでおり、ストライキング、グラップリング、サブミッションなどが組み合わさります。総合格闘技が近代に登場してからまだそれほどの年月は経過していませんが、MMAは今や世界中で愛され、スポーツベッティングとしても注目を集める格闘技の一翼を担っています。

MMAの歴史

MMAの歴史は古代から遡りますが、現代の形態が確立されたのはブルース・リーの登場からです。古代と現代のMMAの歴史を探ってみましょう!

古代の歴史

「MMA」という言葉は比較的新しいものですが、実際には古代から総合格闘技が存在していました。古代ギリシアでは、紀元前に「パンクラチオン」と呼ばれる格闘技が行われ、競技者たちは噛み付くことや目潰しすること以外は禁止されず、あらゆる技術を競い合っていました。同様に、中国の「中国拳法」と日本の「柔術」も、打撃技、投げ技、絞め技、関節技などが含まれる総合武術であり、これらは武器術も取り込まれており、実戦に非常に近い技術とされています。

現代の歴史

近代のMMAのルーツは複雑であり、驚くべきことに俳優の「ブルース・リー」がその中で重要な転機とされています。ブルース・リーは中国拳法に西洋の技術を融合させ、総合的な格闘技である「截拳道(ジークンドー)」を創り出し、その成功により東洋と西洋の技術を組み合わせた総合的な格闘技の概念が普及しました。その後、1993年に「UFC」が設立され、The Ultimate Fighterシーズン1が放送されると一気に注目を集め、2006年にはPPV(ペイ・パー・ビュー)の年間販売件数でボクシングをしのぎ、圧倒的な人気を獲得しました。しかし、UFC以前にもアメリカでは「タフガイ」などの総合格闘技大会が開催されており、日本では1885年に「修斗」が既に設立されていました。1997年には「PRIDE」が設立され、2007年にはUFCと、同様に人気のあったPRIDEが統合され、現在のMMAシーンへと続いています。

MMAのルール

MMAの試合はリングまたはケージで行われ、試合の結果はノックアウト、サブミッション、審判の判定によって決まります。試合中には立ち技と寝技が組み合わさり、ラウンドごとにポイントが与えられます。また、MMAと通常の喧嘩の大きな違いは、厳格なルールが明確に定められていることです。一見なんでも許されているように見えますが、安全性やスポーツマンシップが考慮されています。レフェリーは選手の状態が危険と判断した場合、レフェリーストップをかけることがあります。さらに、反則によって選手が試合を続行できなくなった場合は、失格となります。故意でない反則でもノーコンテスト(無効試合)となります。

MMAの反則行為

ルールは団体やイベントによって異なることがありますが、以下は一般的な反則行為の例です。

  • 噛み付き
  • 眼球への攻撃や口腔・鼻腔・耳腔などの開口部に指を引っ掛ける行為
  • 局部への攻撃
  • 指関節などの小さい関節への攻撃
  • 髪を引っ張る行為
  • ひっかく、つねるなどの行為
  • 故意に相手を骨折させる行為
  • 試合場外に相手を放り投げる行為
  • 相手の着衣やグローブを掴む行為

MMAの階級

MMAには異なる階級(ウェイトクラス)が存在し、選手たちは自身の体重に合ったクラスで競技します。MMAの階級は以下の通りです。

階級体重
フライ級56.7kg以下
バンタム級56.7~61.2kg
フェザー級61.2~65.8kg
ライト級65.8~70.3kg
ウェルター級70.3~77.1kg
ミドル級77.1~83.9kg
ライトヘビー級83.9~93.0kg
ヘビー級93.0~120.2kg
スーパーヘビー級120.2kg以上

有名な日本人MMA選手

日本にも多くのMMAのスターが存在します。その中で特に知られている選手には、PRIDEやRIZINなどのイベントで活躍した選手がいます。一例として、平良達郎、藤田和之、五味隆典、吉田秀彦、山本KID徳郁、太田忍、堀口恭司などが挙げられます。特に堀口恭司選手は国内外で高い評価を受け、MMAの世界で名を馳せていますね。

まとめ

MMAは異なる格闘技の融合により生まれた興奮と戦略が交錯する競技であり、その魅力はますます広がっています。歴史と進化を経た今日のMMAは、多くの国々で愛され、数々の名勝負が瞬間的な興奮を提供していますので、世界舞台で頑張る日本人選手を力強く応援してみませんか?