リアル人形・BLACKPINKリサはハーフ?何人?気になる幼少期を調査

世界的カリスマアイドル・ブラックピンク リサ ハーフだと噂されています。BLACKPINKの人気ランキングでもダントツ1位のブラックピンク リサ ハーフのように完璧な顔立ちをしており、リアル人形とも呼ばれていますよね。実はブラックピンク リサさんは苦労の多い幼少期を過ごしてきました。ブラックピンク リサ ハーフなのかどうかも含め、気になる生い立ちや幼少期を調べてみましょう。

ブラックピンク リサ ハーフではない!

結論から言うと、ブラックピンク リサ ハーフではなく、純粋なタイ人であることが分かっています。幼少期からダンスの実力がずば抜けていたというリサさんは、モデルのようなスタイルやダイナミックなパフォーマンスで、さらにブラックピンク リサ ハーフのように見えますよね。

ブラックピンク リサ ハーフといわれる理由は?

ブラックピンク リサ ハーフといわれる理由は何なのでしょうか?噂の発端やその真相を解説していきます。

ブラックピンク リサの父親がスイス人だから

ブラックピンク リサ ハーフではありませんが、リサさんの父親はスイス人です。母親がタイ人なので、そうするとブラックピンク リサ ハーフということになりますよね。

実はスイス人の父親は、リサさんと血のつながりのない2番目の父親だそう。

リサという名前が世界共通だから

ブラックピンク リサ ハーフといわれる理由は、リサという名前です。海外の名前「Lisa」にも匹敵しますし、日本にも「りさ」という名前はよくありますよね。そのため、ブラックピンク リサ ハーフなのではないかといわれていたようです。

ブラックピンク リサ ハーフではなく、本名はラリサ・マノバンといいます。ラリサという名前の通称がリサなんですね。

マルチリンガルだから

ブラックピンク リサ ハーフといわれる理由は、マルチリンガルだからです。母国語のタイ語を始め、日本語、中国語、韓国語に英語も話せるブラックピンク リサ ハーフといわれるのも納得ですよね。幼少期はインターナショナルスクールに通っていたそうです。生まれ故郷であるタイ語を話しているリサさんも、パフォーマンスをしているときと違って新鮮ですよ。

ブラックピンク リサ ハーフのような見た目だから

ブラックピンク リサ ハーフといわれる理由は、エキゾチックな見た目です。ハーフというより、アジア出身ではないようなくっきりした顔立ちをしていることから、ブラックピンク リサ ハーフといわれることが多いようです。BLACKPINKとしてデビューする前は、タイのダンスグループで活動していたんですよ。そして韓国語も話せない中学生の頃に、家族と離れ1人で韓国に渡ったそうです。

リサさんの幼少期の写真を見てみると、今ほどハーフっぽい顔立ちではないことが分かります。

BLACKPINKはガルクラ系のアイドルグループなので、強めのメイクやビジュアルを意識しており、もともとの顔立ちが美しいブラックピンク リサ ハーフのような仕上がりになるのでしょう。

まとめ

ブラックピンク リサ ハーフといわれる理由や、実はブラックピンク リサ ハーフではないという情報をお届けしました。ブラックピンク リサ ハーフだと思っている人が多いですが、実は純粋なタイ人で、タイ語も流暢なマルチリンガルであることが分かりましたね。ニュージーンズ ハニさんもベトナム出身ですが育ちがオーストラリアということで、昨今の韓国アイドルグループはグローバルなメンバーが増えてきています。K-POPは世界でも独自のジャンルを確立しており、今後さらにブームを巻き起こすことが期待されています。ブラックピンク リサさんの活躍も楽しみですね。