芸人おしみんまるってどんな人?おしみんまるのプロフィールと魅力とは?千鳥との関係も解説

最近、徐々にネタ番組などで見かけるようになった芸人「おしみんまる」

彼は、現在はピン芸人として活動していますが、元々「犬の心」というコンビで活動していました。

犬の心時代には、キングオブコント2014のファイナリストにも選ばれ、ネタを披露しています。

また、芸歴も長く、実は千鳥とは深い関係があるのです。

そこで、今回はおしみんまるのプロフィール芸風千鳥との関係などについて詳しく紹介していきます。

この記事を読めば、きっとおしみんまるの魅力を再発見できるでしょう。




芸人「おしみんまる」のプロフィール

それでは、早速おしみんまるについて紹介していきます。

下のTwitter画像に映っているのが、おしみんまるです。

おしみんまるのプロフィール
  • 本名:押見 泰憲(おしみ やすのり)
  • 生年月日:1997年5月5日
  • 身長/体重:170cm/70kg
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:吉本興業
  • 出身:新潟県燕市
  • 趣味:仏像/スポーツ観戦/バレーボール

おしみんまるは、吉本興業所属のピン芸人です。

同期の芸人には、サンドウィッチマンやトータルテンボス、ザブングルなどがいます。

おしみんまるは、1998年から「犬の心」というコンビを組み、当時は押見泰憲として活動していました。

その後、2020年にコンビを解散して以来、ピン芸人として活動しています。

芸名の由来は?

彼は「犬の心」としてコンビを組んでいた時代には、本名で活動していました。

ちなみに、「犬の心」というコンビ名は、押見さんが高校生の時に組んでいたバンド名からとったもので、特に深い意味はないそうです。

また、犬の心というコンビ名は「適当に決めた」と述べていたこともあり、あまり名前にこだわりはなかったようです。

コンビ解散後、彼がピン芸人になってからは芸名を2度改名しています。

コンビ解散後の202083日に、芸名を本名の「押見泰憲」から「押見トランス」へと改名しました。

そしてその後、千鳥の冠番組『いろはに千鳥』(テレビ埼玉)内で、占い師のアドバイスによって20201017日に押見トランスから「おしみんまる」へと改名したのです。

おしみんまるの芸風は?

おしみんまるの芸風は、一人コントです。

彼のコントは、思わず見ている人がツッコミたくなるようなコントや、少しシュールさを感じられるコントです。

そのため、人によっては好き嫌いが分かれるかもしれません。

おしみんまるのYouTubeチャンネルでアップされたネタ動画を紹介するので、気になる方は是非見てみてください。

また、おしみんまるはいじられキャラであり、それに対して強めの口調で抵抗している姿が特に面白いと感じます。

残念ながら地上波ではあまり目にしませんが、『いろはに千鳥』という番組や、最近ではYouTubeでのコラボ動画でいじられている姿がありました。

コラボした相手というのは、ノブ(千鳥)とカジサック(キングコング梶原)であったため、かなり話題を呼んでいました。

今後はネタに加えて、機会があればバラエティ番組などでも活躍が期待できるのではないでしょうか。

千鳥との関係とは?

ここまで記事を読んでくださった方は、気づいていると思いますが度々千鳥の名前が出てきましたよね。

おしみんまるがいじられ始めたのは、『いろはに千鳥』という番組におしみんまるが出演したことがきっかけでした。

少しプライドの高いおしみんまるに対して、後輩である千鳥がいじるという構図が面白かったため、その後もゲストとして度々番組に出演しています。

彼自身が望んでいた形ではなかったかもしれませんが、番組に出演できる機会を作ってくれた千鳥に対して、同番組で感謝を述べている場面もありました。

また、AbemaTVの『チャンスの時間』という千鳥がMCの番組に出演した際にも、いじられたことに対して、激しい口調で言い返している姿が印象的でした。

まとめ

今回は、芸人のおしみんまるについて、プロフィールや芸風などについて紹介しました。

この記事を読んだことで、彼の魅力に気づけたのではないでしょうか。

彼は、少しシュールさのあるコントが持ち味です。

また、いじられキャラが定着すれば、今後の活動の幅も増えていくのではないでしょうか。

気になった方は、是非おしみんまるのネタや出演番組などをチェックしてみてください。


最後まで読んで頂いてありがとうございました。
 
他にも今話題になってるニュースに関して紹介してますので、気になる記事がありましたらご覧ください。
↓ ↓ ↓



もし記事がお役に立ちましたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けると嬉しいです!
↓ ↓ ↓