2021台風14号チャントゥー(Chanthu)の米軍や世界の進路予想を紹介!

いよいよ台風の発生が多くなるシーズンがやって来ました!

台風は進路によっては私たちの暮らしに非常に影響がありますので動向をしっかりチェックしておきたいものです。

今回は「2021台風14号チャントゥー(Chanthu)の米軍や世界の進路予想を紹介!」としまして調査・紹介していきたいと思います。

まずは、米軍JTWCの台風予想進路を確認していきましょう。




米軍JTWCの台風進路予想

9月9日(木曜日)8時現在のJTWCの台風予想をみて行きましょう!

米軍JTWC

下がJTWCの画像になります

日本の南海上に2つの台風が確認できます!

画像

引用元:JTWC

米軍JTWCの進路予想は西側に回り込んでから北上して行く予想になっています。

※JTWCとは、アメリカのハワイ州にあるアメリカ国防総省の機関で米軍の気象情報機関。米軍・合同台風警告センターです。一般の人も簡単にアクセスすることができます。

気象庁の進路予想

こちらは気象庁の進路予想になります。米軍JTWCと同じような進路を予想しています。

画像

引用元:気象庁公式サイト

世界各国の台風進路予想

各国モデルの台風予想

各国の進路予想は下記のような色分けがされています。

■欧州(ECMWF) ■アメリカNOAA
■英国気象局 ■カナダ気象センター
■アメリカ海軍 ■日本気象庁GSM

引用元:GPW whether

Windyの進路予想

こちらがWindyの進路予想になります。台風が回転しながら移動しているのがわかります!

引用元:Windy

2021台風14号チャントゥー(Chanthu)の米軍や世界の進路予想を紹介!まとめ・・・

今回は「2021台風14号チャントゥー(Chanthu)の米軍や世界の進路予想を紹介!」としまして調査・紹介をして来ました。

現時点での強烈な台風となる14号はフィリピン東沖から台湾方面に進んでおり、その後は北上する進路予想が多く見られます。

週末は沖縄に接近する恐れがあり大雨や暴風となり、海上は大しけが考えられます。

進路によっては今後西日本の天気に影響を及ぼす可能性もあり、欧州(ECMWF)■アメリカNOAAが週明けの13日以降から太平洋側に進路を変える予測も出しています。

今後の動向が気になりますので常に最新の台風情報を確認して、早めの備えなどの行動を心がけてください!

 


最後まで読んで頂いてありがとうございました。
 
他にも今話題になってるニュースに関して紹介してますので、気になる記事がありましたらご覧ください。
↓ ↓ ↓



もし記事がお役に立ちましたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けると嬉しいです!
↓ ↓ ↓