『SPY×FAMILY』のあらすじ・感想とかわいいアーニャの魅力とは?

スパイが主人公で、超能力者の娘と殺し屋の母との、問題だらけのごく普通(?)な暮らしを描いた漫画をご存じでしょうか。

そう、『SPY×FAMILY』です。

2019325日から、集英社『ジャンプ+』にて連載が開始され、2021年4月現在6巻まで発売されています。

「このマンガがすごい!2020 オトコ編」第1位、「マンガ大賞2020」第2位を受賞したこの作品、すでにご存じの方も多いかもしれません。

こちらの記事では、その人気の秘密に迫ってみたいと思います。

まだ読んだことがないという方は、必見です。




スパイ、超能力者、殺し屋!ワクワクするあらすじ

舞台は、東西に分裂し、「情報」という武器をめぐって冷戦を繰り広げる、とある架空の国。

西国(ウェスタリス)に所属するスパイ、コードネーム〈黄昏(たそがれ)〉に、とある任務が舞い込みます。

それは、一児の父として敵である東国(オスタニア)へ潜入し、子供を名門・イーデン校へ入学させ、同じく息子をイーデン校に通わせている東国のとある危険人物に接触すること。

スタイリッシュでクールなイメージのスパイが、パパとして6歳くらいの子供を教育し名門校に通わせなければならない――どうでしょう、この時点で「ちょっと面白いんじゃないか?」と思えてきませんか?

ですが、この漫画の本当に面白いところはここからなのです。

〈黄昏〉が子供を見つけるべく訪れた孤児院で出会ったのは、アーニャという45歳くらいの可愛い女の子でした。

実はこの子、「超能力者」で、人の心が読めるのです。

スパイであることを隠す父と、それを知りながら超能力者であることを隠すため、知らないふりをする娘。

そして、二人が迎え入れた母親・ヨルは、表向きは役所勤めのOL、裏の顔は……なんと殺し屋

それぞれが自分の正体を隠しながら、育児に学校に家事に、そして「裏の仕事」に大忙し。

そんな奇妙な共同生活が始まる――もう、これだけで読んでみたくなりませんか?

どんな人でも楽しめる、『SPY×FAMILY』のここが面白い!

ポイント1:変装したり、爆発も!?たっぷり楽しめるスパイアクション

時には敵に変装しアジトへ忍び込み、時には銃弾が飛び交う敵の包囲網の中を駆け抜けたり。

SPY×FAMILY』には、誰しもが子供の頃、映画で観て憧れたスパイの姿そのものがたくさん登場します。

優秀なスパイである主人公が素早く任務をこなしていく姿は、これはこれで、見ていて気持ちが良いです。

でも、父親を演じるようになってからは、妻役のヨル、娘役のアーニャたちそれぞれの思惑が重なって、何かとハプニングが続出。

ストレスで胃を痛めながらも、それでも家族の協力を得て、敵を倒し問題を解決していく姿は、ドキドキして本当に面白いのです。

また、冷戦という重いテーマを扱っているからこそ、楽しいアクションから、平和の大切さをも教えてくれます。

ポイント2:たくさん笑って、そして心温まるアットホーム・コメディ

ジャンプ作品といえば、今を時めく『鬼滅の刃』『呪術廻戦』『チェンソーマン』などなど、ハラハラドキドキ、手に汗握るバトル漫画が王道です。

もちろんこれはこれで、日常では味わえないスリルや感動を届けてくれるし、個人的にはこういう物語も大好きです。

ですが……少しばかり、「血生臭いなあ、ちょっと癒しが欲しいなあ」なんて思った時。

SPY×FAMILY』を手に取ることをお勧めします。

こちらの漫画は、もちろんアクションも楽しいですが、赤の他人同士が集まり、少しずつ本物の家族になっていく過程で、ほっこりするシーンもたくさん描かれているのです。

それに、登場人物たちはみんなどこか抜けていてちっとも「普通」ではなく、「ごく普通の平凡な家族」を演じるべく振り回される主人公の姿が、何だか見ていてクスリと笑える、コメディ漫画でもあります。

学校で、仕事で疲れた時、『SPY×FAMILY』はあなたに優しい笑いを届けてくれるでしょう。

普段バトル漫画を読まないという方にも、この漫画は自信を持っておすすめできるのです。

ポイント3:小さなヒロイン、アーニャが可愛すぎる!

この子を見るためだけにこの漫画を読んでみて欲しい、それくらいアーニャは可愛いのです!

登場人物のほとんどは嘘をついているのですが、アーニャは心が読めるため、この子だけはすべてを知っています。

ですが、アーニャとしては、スパイである父と殺し屋の母との暮らしは、「わくわくする」からこのまま続けたい。

だからこそ、家族のために秘密がばれないよう奔走するのですが、どこか空回りしてしまって、そこから生まれるギャグには笑ってしまいます。

そして、自分の能力が初めて誰かの役に立ったと分かった時のアーニャは本当に嬉しそうで、愛着がわいてしまうのです。

思わず手助けしてあげたくなる、そんなアーニャの可愛さにも注目です。

まとめ

漫画『SPY×FAMILY』について紹介させていただきました。

今回お伝えした魅力は、実はまだストーリーの序盤も序盤の内容だったりします。

まだまだお伝えしたいことはたくさんありますが、これ以上書くとネタバレになってしまうので、この辺で失礼したいと思います。

ここから、また個性的な秘密を持った登場人物たちが次々登場して、どんどん面白くなっていきますよ!

かわいいヨルについて紹介している記事はこちらです。

6巻までと比較的集めやすい巻数で、また連載されているのが『ジャンプ+』という電子媒体なので、スマホで気軽に読むことができます。

あまり外に出られない今、家での楽しみの一つとして、いかがでしょうか。


最後まで読んで頂いてありがとうございました。
 
他にも今話題になってるニュースに関して紹介してますので、気になる記事がありましたらご覧ください。
↓ ↓ ↓



もし記事がお役に立ちましたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けると嬉しいです!
↓ ↓ ↓