miletってかわいい歌手は誰?『七人の秘書』の主題歌「Who I Am」を歌う本名や年齢が謎に包まれたシンガーソングライターとは

TVドラマ『七人の秘書』の主題歌として「Who I Am」がタイアップされるなど、いつからかその音楽と名前が知られるようになったシンガーソングライターmilet

ドラマなどをきっかけにmiletを知り、気になってはいるものの「一体どういう人物なのかよく分からないな…」「英語が堪能なのはなぜ?」など、miletの事をもっと詳しく知りたい、とお思いの方は少なくないのではないでしょうか。

今回はそんな謎に包まれたmiletのプロフィールと、その歌声はなぜ聴く者を魅了するのか、この点について深く解説していきたいと思います。

この記事を読み終えた頃には、miletファンを公言できるほどの知識を得られるでしょう。



シンガーソングライターmiletのプロフィール

miletミレイ)は東京都出身のシンガーソングライター。

本格的に音楽活動をスタートさせたのが2018年、そしてメジャーデビューが2019年3月というまさに下積み知らずの鮮やかなデビューを果たしています。

2020年にはNHK紅白歌合戦に初出場するなど、今後の活躍にも目が離せない要注目アーティストの一人です。

その端正なルックスから年齢などが気になるところですが、なんと生年月日や本名などの細かなプロフィールは非公開となっており、謎に包まれています。

公式情報では詳しい経歴が明かされていませんが、メディアのインタビューなどではご自身の過去について話されているものもあるようです。

クラシック音楽からスタートした多彩すぎるmiletの音楽遍歴

そんなmiletの音楽キャリアはクラシック音楽からスタートしたそうで、小学生の時に始めたフルートにのめりこみ、音楽大学への進学を目指していた時期もあったとのことです。

また、フルートを学ぶ一方で兄の影響によりロックを好んで聴いていたとのこと。

クラシックからのロックとは意外ですが、さらに驚くことに映画音楽好きが高じて映像を学べる大学へ進学したそうで、その音楽雑食ぶりは美しい容姿からは誰も想像がつかないのではないでしょうか。

耳を疑うほどの確かな発音を支える留学経験

英語詞を混ぜたソングライティングが特徴的なmiletの楽曲ですが、歌唱中の英語詞の発音は日本人離れしたものがあります。

英語を話せない方でも、その発音レベルの高さがうかがえるでしょう。

それもそのはず、miletは思春期の頃にカナダで生活されていたとのこと。

ネイティヴかと耳を疑うほどのその発音は、留学経験によって培われたようです。

miletの歌声が聴く者を魅了する三つのポイント

miletの歌声を語る上で外せないポイントが三つあります、それは

・環境に左右されない高い歌唱技術

・唯一無二の声質

・一貫した英語的楽曲表現 

です。

一つ一つ解説していきます。

環境に左右されない高い歌唱技術

第一線で活躍しているプロのシンガーなら誰しもが高い歌唱技術を持っていることと思います。

ただ、普段と違った環境かつ一切のやり直しが効かないライブにおいては、細かなミスが目立つものです。

慣れない音響設備、大勢のオーディエンス、バンドメンバーとの意思疎通。

挙げればキリがないこのような不確定要素の中で、最大限のパフォーマンスを発揮するシンガーは一握りかと思います。

しかし、miletのライブ映像を観て驚きました。

音程、表現力、リズム、全てがまるでCDに劣らないクオリティだったのです。

ライブにおいても高いパフォーマンスを発揮することができるのは、幼少期からのクラシック音楽の素養があったからかもしれません。

唯一無二の声質

miletの声質は極めて特徴的といえます。

スモーキーな雰囲気を持った低音や、高音域でのハスキーな印象など、終始大人びたその声質は、まさに聴く人の心の琴線に触れる素晴らしいものです。

まるで晩年期の歌手のような、豊富な人生経験に裏打ちされて生み出されたかのように感じられる唯一無二の声質といえるでしょう。

また楽曲によってはその声も、ロックシンガーのようにシャープで突き刺さる印象を受ける事もあります。

この点に関しては、ロックを聴くきっかけとなった兄の影響が歌声に反映されているのかもしれません。

一貫した英語的楽曲表現

先ほど、miletの英語詞における発音の素晴らしさについて触れましたが、楽曲を通して聴いてみるとある事に気が付きます。

それは、日本語詞においても英語詞を歌っている時のような発音で歌唱しているのです。

言い換えると、曲中一貫して英語的発音により歌唱しているという事。

その一貫性により、まるで本場の洋楽を聴いているかのような錯覚に陥ります。

昨今、このような英語的楽曲表現を得意とするシンガーは多く見受けられます(清水翔太、AIなど)。

しかし、その高い発音レベルと前述した特徴的な声質も相まって圧倒的な世界観を作り出しているmiletの歌声は、他のシンガーには無い魅力といえるでしょう。

まとめ

さて、謎に包まれたシンガーソングライターmiletについて、その経歴と魅力についてご紹介してきました。

この記事を読むことで少しでも謎が溶けたのではないでしょうか。

今年は初のホールツアーも予定されているmilet、今後の活躍にますます目が離せません。

これからも応援していきたいアーティストの一人です。


最後まで読んで頂いてありがとうございました。
 
他にも今話題になってるニュースに関して紹介してますので、気になる記事がありましたらご覧ください。
↓ ↓ ↓



もし記事がお役に立ちましたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けると嬉しいです!
↓ ↓ ↓