武豊騎手のケガ(骨折)の状況は!動画・復帰時期や今後の騎乗予定は?

2021年3月20日の阪神競馬で武豊騎手がゲート内の事故にて負傷するアクシデントがありました。

阪神競馬第10レースで、騎乗馬ソウルトレインがゲート内で暴れたことにより、レース後の診察で右足部靱帯損傷と発表されました。

しかし、その後の発表では、診断名が変わることになっています。

武豊騎手のファンは、心配もひとしおだと思いますが、復帰時期と騎乗馬の乗り替わりについて、現時点でまとめてみたいと思います。



武豊騎手のケガ(骨折)の状況は!

発表によりますと、武豊騎手は右足甲の骨折だということです。

具体的には、京都市内の病院にて『右足第2・第3・第4の中足骨骨折』と診断されています。

↓そのレース動画がこちら

発馬前にゲート内で大きく立ち上がる馬がいますね。

 

武豊騎手は、自身のサイトで「出来るだけ早い時期に復帰できるよう頑張りたい。治りにくい場所ではなさそうなので、5月ころにはと、勝手に目標を立てています」と書いています。

(武豊騎手の公式サイト上で発表されています)

復帰時期は5月との予定であり、ちょうど春のGⅠシリーズ真っただ中の時期でもあります。

武豊騎手の有力騎乗馬はどうなってしまうのでしょうか?

2021年春シーズンの武豊騎手の騎乗有力馬は?

現役では、かなり古いキャリアを持つ武豊騎手ですが、大きなレースでは重要な馬を任されています。

主な騎乗馬を上げてみますと

年月日  レース名 騎乗馬 厩舎名 馬主名
3月27日 日経賞 ワールドプレミア 友道康夫厩舎 大塚亮一
4月4日 大阪杯 アドマイヤビルゴ 友道康夫厩舎 近藤旬子
4月11日 桜花賞 メイケイエール 武英智厩舎 名古屋競馬
4月18日 皐月賞 ヨーホーレイク 友道康夫厩舎 金子真人ホールディングス

いずれも、3番人気以上に指示されそうな馬ばかりで、偶然かも知れませんが友道厩舎の馬が多いですね。

武豊騎手のケガ(骨折)の状況のまとめ

ケガは、『右足第2・第3・第4の中足骨骨折』と発表され、生活が大きく影響されそうな重傷ではないようです。

ですが、ケガのあと なかなか成績が付いてこなくなるケースもあると聞いています。

武豊騎手の実績は申し分ないのですが、年代が上に掛かっているだけに、リハビリなどもたいへんかもしれません。

武豊騎手の頑張りを応援したいところです。


最後まで読んで頂いてありがとうございました。
 
他にも今話題になってるニュースに関して紹介してますので、気になる記事がありましたらご覧ください。
↓ ↓ ↓



もし記事がお役に立ちましたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けると嬉しいです!
↓ ↓ ↓